自分を不幸にしない13の習慣 - 日本人のための「和」の成功法則

メインinfo用

メインinfo用エリア

自分を不幸にしない13の習慣

雨の日。
どんなことを感じますか?


地面は濡れて、
太陽は雲に覆われ、
空気はどんよりしてしまいます。


靴や服が濡れないように
傘も必要になります。


たぶん日本にいるほとんどの人は
積極的に外に出たくなくなるでしょう。


しかし、そんな鬱陶しい雨でも
砂漠などの水のない環境で
降るときはどうでしょうか?


雨は恵みの雨となって
のどの渇きを潤してくれます。


同じ雨でも方や面倒な存在、
方や恵みをもたらす存在になるのです。


これは、同じ出来事であっても
人間が周りの状況によって
感じ方を変えていることを意味しています。


そして、このことは自分自身に
起きる出来事についても
同じように当てはまります。


何事も良いように解釈することもできるし
悪いように解釈することもできるのです。


例えば職場の同僚の何気ない発言を
悪口と捉えることもできるし、
アドバイスと捉えることもできるのです。


そして、同じ生きるなら
良いように解釈したほうが
幸せに生きることができます。


なぜなら悪いことばかり考えていると
物事は悪い方へ悪い方へ向かいます。


気付かない間に自分自身で
悪いように解釈して悪いことを
たくさん作りだしてしまうのです。


そして、その結果知らない間に自分自身を
不幸にしてしまうようになるのです。


この本では人間が解釈の違いで
良いこと悪いことを生み出すのかを
明快に解説してくれてます。


私も読んでみましたが
なかなかのオススメです。
是非一度チェックしてみてください。
*レポート「なぜあの人は、いつも成功するのか?」をプレゼント

『自分を不幸にしない13の習慣』1ケ月お試し

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 日本人のための「和」の成功法則 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。